オーストラリア短期留学の報告

2015年3月21日から4月3日までの約2週間、オーストラリアへの短期留学に

5名の高校生が参加しました。まず、約1週間、聖望学園の姉妹校である

フェイスルーテルカレッジに、ホームステイをしながら通いました。

オーストラリアの担当生徒に付いて、その生徒が受講している科目や日本語の

授業に参加しました。フェイスルーテルカレッジは校内すべてにwi-fiが

完備されており、すべての生徒が、iPadやコンピュータを持参して、授業を

受けています。

また、フェイスルーテルカレッジの隣にある小学校を訪問しました。ここの小学校では、1年生から

日本語の授業があり、そのお手伝いをしてきました。

フェイスルーテルカレッジがある、オーストラリア、アデレード近郊の

タナンダという町は、ワインの生産で有名な場所です。

フェイスルーテルカレッジには、聖望学園高等学校、野球部が初めて甲子園に

出場した記念品も飾ってありました。

その後、メルボルンとシドニーを観光しました。

2週間という短い期間でしたが、皆、充実した日々を過ごすことができました。

この経験を今後の人生に活かしてほしいと思います。