学校案内 高校の特色

multifaceted study support

多面的な学習サポート

聖望独自のきめ細やかなフォローアップ体制

充実した学習環境と多彩なプログラムで、様々な学びの場と時間を用意。
「面倒見の良い聖望」「予備校要らず」といわれる理由がここにあります。

1英語教育

新しい入試制度に対応

2021年1月、センター試験に代わる共通テストが実施されます。さらに国立大二次試験や私立大学の推薦入試、AO入試では英語の4技能が問われ、その4技能を総合的に評価できる民間の資格・検定試験が活用されます。「聞く」「読む」だけでなく「話す」「書く」も含めた英語力が必要になります。聖望では4技能を意識した授業を展開し、放課後にはタブレットを使用してのオンライン英会話学習を取り入れています。

入試対策の画像

英検指導 -2級から準1級へ-

これからの大学入試にともない、英検をはじめとする民間試験での成績が大学入試や出願の条件になるケースが増加します。聖望ではスコアーを意識させ、英検の積極的な受験を促すとともに、授業内、夏期講習、タブレット学習などで英検対策指導を行なっています。1、2年生では第2回英検を学内で全員対象に実施しています。

英検指導の画像

2ICT教育

最高レベルのICT環境で効率的な学習

全クラス設置の電子黒板を使用したiPad授業を実施。授業の効率化や自主学習のサポートを目的とし、IT技術を活用した教育を実践しています。iPad授業ではリアルタイムで教師と生徒が画面でやり取りができ、インタラクティブ(双方向)な授業が行なわれています。デジタル教材や写真、映像を使用し、分かりやすい授業が行なわれています。

ICT教育の画像

3アクティブラーニング

思考力と行動力を鍛え、社会で通用する人材に。

活字だけの知識だけではなく、“体験学習”を大切にし、生徒同士が教え合う活動により1人ひとりの理解を深める指導を行っています。能動的な学習で、より効果的な学びを。

アクティブラーニングの画像

4WEB学習教材における自学自習

教師と生徒が1:1の個別指導

各自のタブレットの中にあるBenesseの豊富なWeb教材のなかから、個々の生徒の習熟度に適した演習問題を教師がピックアップし、自宅学習での課題として提示されます。さらに各自で学習を進めている生徒もいます。教師自作の問題を宿題として配信することもあります。個々の実力に合わせて、無理なく、無駄のない、効果的な自学自習が出来ます。さらに応用力強化のために駿台サテネットを受講させ予備校の授業を格安で提供し取り組ませています。特に、S特コースや特選コースでは授業のまとめ課題として解かせています。

web学習教材における自学自習の画像

5土曜講習

コースに合わせて講習&補習

聖望では大学進学のための講習や授業の復習としての補習を土曜日に行なっています。スポーツ強化部生を除き、全ての生徒が参加の講習・補習学習です。

  • S特コースは、毎週外部講師による講習を行ない、実力を磨きます。
  • 特選コースは、隔週土曜日に講習を行い、応用力を身につけます。
  • 選抜コースは、指名補習に加え、希望制の補習で、各自のリズムで学力をつけていきます。
  • 総進コースは、補習によって授業の反復を行い、基礎学力を確かなものに。
    午前中は補習、午後は部活動をメリハリをつけて両立を目指します。
土曜講習の画像

645分7時限制

十分な授業時間を確保

1年生では1日7時限授業を月曜日から金曜日まで行ない週35単位で学習しています。志望校合格のためには一定レベル以上の学習時間を確保し積み重ねることが不可欠で、大きな力へと結びつきます。国公立大学受験対応のS特コース、特選コースは3年間7時限授業、私立大学型の選抜コース、総進コースは2年生から6時限授業に切り替え受験教科重視型の時間割となります。7時限目の30分間エクストラスタディーを実施しています。

45分×7時限制の画像

7エクストラスタディー

選抜・総進コース 独自企画

選抜・総進コースでは、2年生から毎日6時限後の30分間エクストラスタディーを実施しています。文系・理系を問わず入試の鍵となる「英語」の学習をタブレット内アプリを用いて行なっています。
毎日たったの30分!しかしこの積み重ねこそが合格の鍵を握っているのです。

エクストラスタディーの画像

8チューター常駐自習室

平日夜8時まで利用可能

放課後、校内の大教室を自習室として開放。授業で不明な点や自分一人では歯が立たない難問などは、常駐のチューターに質問して指導を受けることが出来ます。部活動を終えてから参加する生徒、自宅ではなかなか勉強が進まない生徒など、各自の状況に合わせてフレキシブルに活用できます。

チューター常駐自習室の画像

9海外留学

生きた英語と英語圏の文化を学ぶ機会

短期・中期・長期の様々な留学プログラムで、生きた英語に触れ、英語圏の文化を学ぶことが出来ます。言語を学ぶ上で、現地での生活を体験することは、はかりしれないほど大きなモチベーションに繋がります。

  • 短期留学(夏休みに2週間 オーストラリア/カナダ(隔年)、春休みに2週間 ニュージーランド)
  • ターム留学(高校1年次の1~3月の約3ヶ月間/ニュージーランド)
海外留学の画像