「感謝」聖望学園100年の歴史

聖望学園は開校100年を迎えました。多くの方々から支えられた100年です。感謝申し上げます。また、ここからスタートです。これまで築き上げていただいた本学園をさらに発展させて行きます。これからもご支援ご鞭撻を賜りますようお願い致します。

[100年の歩み]

・1918年(大正7年)私立寿多館蚕業学校として開校。学校長 須田 甚作

IMG_4444

・1924年財団法人飯能実業学校に組織変更。同年4月飯能町中山に開校。農蚕科3年制、商業科3年制、専修科1年制。

・1925年(大正14年)埼玉県飯能実業学校と改称。

・1946年文部省から6・3・3・4制教育体制が発表となり、翌年教育基本法、学校教育法が公布、4月から実施される。

・1949年普通科設置のため飯能暁高等学校に変更。飯能暁中学校を開設。

IMG_4453

・1951年(昭和26年)校名を聖望学園高等学校、聖望学園中学校に変更。学校法人聖望学園として発足。

・10月1日校名はそのままに教育の責任は米国ミズーリ派ルーテル教会海外ミッションボードに移る。この日が現在の聖望学園の創立記念日となる。            初代校長=ポール・クライリング宣教師。

IMG_4449IMG_4450

2018年(平成30年)開校100周年を迎えました。9代校長=関 純彦

_DSC0271_DSC0272